薬局パパの健康日記

群馬県太田市にある太田薬局、二代目・薬局パパがお送りするブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋と寒さについて・・・

昨日、一昨日の気温差にはビックリするほどです。
Tシャツ一枚でも暑かったのが、長袖を着てもまだうすら寒くなってしまうのですから・・・
お店に来店される方も、急に体調を崩して・・・という方がいらっしゃいます。

気温が寒くなってこの寒さを感じる部分が身体の表面の皮膚の部分になります。
東洋医学的にはこの皮膚の表面の部分を「皮毛(ひもう)」と呼んで、この「皮毛」は「肺」「大腸」「鼻」とつながっていると考えられています。
西洋医学ではそれぞれの臓器を神経や血液が流れることによってつなげていると考えていますが、
東洋医学では身体の中の部分同士が連携していると考えています。

・・・と、さらっと書いてしまいましたが初めて聞いた方は「え、何で肺と大腸と鼻がつながってるの?」と思うかもしれません。
自分もそうでしたから・・・(笑)
でも実際に「寒い」ところにいることを想像してみてください。
寒さにあたって「くしゃみや咳」「鼻水」「下痢」といった症状・・・ありませんか?
これらは「皮毛」が冷やされることで「肺」「鼻」「大腸」まで影響を及ぼして(冷やして)しまうのです。
これらのことは今から約2000年前に書かれた「黄帝内経」という書物に書かれています。
先人はこういったことを経験的に書物にまとめていたのですね。

DSC_4338-2.jpg

★実際に漢方薬として使われる生薬です。
左側は陳皮(チンピ:みかんの皮)、右側は桔梗(ききょう)です。
これらを何種類も混ぜ合わせて漢方薬になります。

こんな時、漢方薬でどうやって治療をしていくかといわれると
寒さにあたって「冷え」てしまったのですから、冷えてしまった部分を「温めて」あげればいいのです。
具体的には・・・店頭、もしくはメールにてご相談ください。



・・・これで、終わりになると営業一辺倒ですね。(笑)

ちょっとだけアドバイスを。
「寒さ」にあたってしまったのですから、まずは「寒くないようにすること」が大切です。
特に家から外に出るときなど温度変化がある時が要注意です。
お風呂なども控えておいたほうが無難です。汗が出ているようでしたらなおさらです。
食事は冷たい食べ物、飲み物、果物は控えたほうがいいです。(身体の中から冷えてしまいますから・・・)
「なにを当たり前なことを・・・」と仰るかもしれませんが、こういう時の養生ってすごく大切だと思っています。
もし、ご家庭にショウガがあったらショウガ汁で暖かい飲み物なんかいいかもしれません。
シナモンなどがあるともっといいです。
ショウガもシナモンも「生姜(しょうきょう)」「桂皮(けいひ)」と言って漢方薬に使う材料で身体を温める働きをしてくれます。
紅茶にショウガとシナモンを入れてミルクを少し加えると「チャイ」っぽい飲み物になりますね。
でも決してショウガとシナモンを山ほど用意して1日何回も・・・なんてことはしないでくださいね。
発汗作用が高まって汗をかきすぎて逆に冷えてしまうこともあります。
東洋医学ではバランスが大切・・・過ぎたるは及ばざるが如し・・・なんですね。
スポンサーサイト

テーマ:群馬県から - ジャンル:地域情報

リンクのご紹介 ~カラーのいちのせさん~

こちらのブログ・・・始めた時はちょっと不安だらけでどうなることかと思いましたが
ようやく気持ち的にも落ち着いてきました。

今日はちょっとだけリンクのご紹介をさせてください。
埼玉県戸田市にある「カラーのいちのせ」さんのHPブログです。
戸田市と太田市で「どんなつながり?」と問われれば、ネットがきっかけなのです。
丁度、自分が写真に興味を持ち始めた頃からネットを通じてカメラやレンズ、プリント等・・・
イロイロな事を教えていただきました。
写真って始めた頃は誰に聞いていいのか判らないと思うんですよね。
雑誌やネットの情報だけではわからないことがたくさんありますし・・・
そんなときは是非一度相談してみてください!
相談までいかなくてもブログを拝見するだけですごく勉強になると思います。

CIMG3301.jpg

★こちらの写真を見て「ニヤッ」と笑われた方・・・お仲間です。(笑)
世の中には一度ハマルと抜け出せられないレンズ沼というのがあるようで・・・
このレンズ沼を懇切丁寧にご紹介いただいたのも「いちのせさん」のおかげです。


「写真」に加えて「鉄道」に興味を持たれている方でしたら、こんな素晴らしい支店も出ております。

自分のこのブログも、文章だけだとどうしても「堅苦しい内容」になってしまいそうだったのですが
「写真」という手段を教えていただいて、自分の思っていた形に近づいた気がしています。
デジカメのこと、フィルムのこと、もしかしたらブログなどにアップする写真のことなども相談に乗ってくれるかもしれません。
写真のことで何か気になることがありましたら、是非一度、こちらをご覧になってみてください、お勧めです!

テーマ:群馬県から - ジャンル:地域情報

漢方薬抽出自動分包機って・・・

漢方薬抽出自動分包機・・・というなんだか物々しい機械の名前ですが
要は漢方薬を煎じた状態でアルミパックにしてくれる機械です。

「漢方薬を煎じる」ってやったことの無い方はちょっと想像がつかないかもしれませんが
「お茶を煮出す」のとまったく同じ要領です。
水から煮出して、半量になるくらいまで煮詰めるのですが
慣れないとちょっと手間が掛かってしまいます。
この抽出自動分封機を使うと、服用する一回量づつアルミパックにしてくれるので
手間と時間が掛かって・・・と煎じ薬を敬遠されていた方に喜ばれています。

CIMG3428.jpg

★抽出機の釜を開けたところ・・・業務用のちょっと大きめの寸胴鍋くらいでしょうか。
これで一度に30日分の煎じ薬が抽出できます。


CIMG3429.jpg

★分包する巨大なアルミシート・・・両方から張り合わせるような形でパックされます。

CIMG3430.jpg

★出来上がったアルミパック・・・この状態で約一ヶ月保存できます。
アルミパックと言っても、よくあるレトルトパック(真空滅菌)ではないので長期保存することはできません。


この機械を導入してから意外なご意見を頂いたのは・・・煎じるときのニオイなんです。
お飲みいただく本人はいいのですが、そのご家族からの苦情がでてしまうという事・・・
またアパートなどの集合住宅でご近所が気になる・・・なんてこともこのアルミパックなら心配ありません。
まあ、自分はこのニオイではなくて「香り」を楽しむのも薬のウチ、なんて思ってしまうのですが。(苦笑)

漢方薬を煎じる手間と時間が気になっていらっしゃる方・・・
横にあるメールフォーム、またはお電話でも結構です。
是非一度ご相談ください。

テーマ:群馬県から - ジャンル:地域情報

お風呂の話・・・

昨日はお休みをちょっと頂いて、子供達と太田市内の温泉施設へ行ってきました。
やはり大きいお風呂は・・・良いですね。
足が伸ばせるのもそうですが、気分的にリラックスできるので。

せっかくなのでお風呂のことちょっとだけ・・・
皆さんが何気なく入っているお風呂。
お店で漢方薬の相談を受けている方にちょっと聞いてみると結構いらっしゃるんですよね、「カラスの行水」とか「シャワーで代用」という方。
お風呂とシャワー、何が違うの?と思われるかもしれませんが
「身体が温まる」ということに加えて「汗をかく量」が大きく違うようです。
人間というのは常に汗をかいて体温調節と水分の発散などをしています。
乾燥している時期などは汗をかいてもすぐに発散されるのでいいのですが
湿度がある時期はかいた汗が発散できなくなったり、気温が急に低くなったりすると汗をかく量自体が少なくなってしまいます。
汗によって水分を発散できないことで体調を崩しているような方・・・結構いらっしゃるような気がしてなりません。
CIMG3424.jpg
★太田市の街中にあるお風呂屋さん・・・なんだか煙突のある風景が懐かしいんですよね。

日本の風土の特徴・・・「湿気のある時期、寒暖のある季節」
これに対応する先人の知恵が実は「お風呂で身体を温めて、汗をかく」ことだったのかもしれません。
もちろん、風邪を引いたときや極端に体力が落ちたときなど、お風呂を控えないといけないときもありますが普段シャワーをご利用の方・・・一度お風呂を見直してみては如何でしょうか。

テーマ:群馬県から - ジャンル:地域情報

水曜午後はお休み・・・

今日は水曜日・・・今日は午前中だけの営業になります。

以前は水曜日を丸々一日お休みさせていただいていました。
一応、太田市のど真ん中、商店街にある薬局ですので、いわゆる「商店休み」に合わせてお休みさせていただいていたのですが
現在では残念ながら商店街と言うにはちょっとさびしい状態・・・シャッターが閉まったお店ばかり。
いろいろな現状を考えて午前中営業する現在の形になっております。

IMGP2490.jpg

★店先にある水鉢、親戚の方に作っていただいたものです。
中には元気そうにメダカが泳いでいます・・・


貴重なお休みをすこしいただいて、リフレッシュさせていただきますので・・・

テーマ:群馬県から - ジャンル:地域情報

店先のアケビ

昨日の天気とは打って変わって、今日は暑くなりそうですね。

さて、昨日は店先にあるアケビの剪定をやりました。
アケビってご存知ですか?

20年ほど前に店を立て替えたときに植えてから、
毎年のように沢山の実をつけてくれます。
「ウチにもアケビがあるんだけど、実がならないんだよね・・・」なんていうお客様も。
アケビには雄株と雌株があって両方無いと実がならないようです。

CIMG3400.jpg

★葉が被い茂って実が隠れてしまったのでちょっとだけ剪定を・・・
実はまだまだ緑色をしていますが、これから段々と紫色に色づいてきます。


実はこのアケビ、つるの部分を漢方薬としても使います。
生薬名では「通草」(つうそう)とか「木通」(もくつう)といって
他の生薬と一緒に使って手足を温めるような働きをします。
実の中の部分は食べたこともある方、いらっしゃるのではないでしょうか。
独特の甘味がありますよね。
それと皮の部分は天ぷらにすると良いとか。
・・・と言いつつこの「皮の天ぷら」はやったこと無いんです。
今年、やる機会がありましたら・・・こちらでご報告いたします。(笑)

テーマ:群馬県から - ジャンル:地域情報

秋風吹いて・・・

昨日は春日部まで漢方の勉強会へ行ってきました。
それにしても気候の変化が激しくて、前日の暑さとは打って変わって砂降りの雨・・・
季節がもう秋になっている証拠なんでしょうね。

CIMG3323.jpg

★地元太田市の主要駅もかなり様変わりしてきました。
個人的には昔の地上ホームが懐かしかったりします。


定期的に勉強会へ行っているのですが、奥が深い漢方の世界・・・
ちょっと禅問答の様になるときも多々あります。(笑)
漢方の勉強と言っても薬の話ばかりではなくて
どのようにして病気が起こるのか(東洋医学的に)とか
病気が起こらないようにするにはどうしたらいいのか(養生)といった話も出てきます。
最近特に思っているのは、漢方薬を使うときにはかならず「養生」の話が出てくるのですが、この「養生」が薬と同じくらい大切なのではないかと・・・

今の時期で言えば、咳が出やすい人はまだ暑いからといって「冷たい飲み物や果物を取りすぎない」とか
筋肉の痛みが出やすい人は「子供の運動会で無理しない」(←自分の事?)なんていったように・・・

「病気」や「つらい症状」というのは体が悲鳴を上げている証拠です。
体の悲鳴が「何故、こうなったの?」と考えることから本当の治療が始まるのではないか・・・
ふと、思ったりしています。

テーマ:群馬県から - ジャンル:地域情報

風邪と漢方薬・・・

風邪に漢方薬・・・最近は「葛根湯」「小青竜湯」なんていう漢方薬の名前をチラッと聞いたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
漢方薬というと「慢性病の薬」「長く飲まないと効果が無い」というイメージで見られがちなのですが、決してそんなことはありません。

漢方薬のバイブルと言ってもいい「傷寒論」という書物は元々「急性の熱病」の治療について書かれています。
内容を読んでいくとまさに風邪にかかったときの治療方法まさにそのもの!
「こういった症状のときはコノ薬を飲みなさい、そうすれば汗が出て自然に治ります」とか、
「こういった間違った治療をするとこうなってしまう、そうするとしばらく治らないから注意!」なんて感じです。
こういう急性症状の病気に対応するのですから、薬を飲んでから効果が出るまでに時間が掛かっていたのでは仕方がありません。
また漢方薬だから効き目が穏やか・・というのも漢方薬の間違ったイメージと自分は思っています。
むしろ、薬がピッタリ合ったときは一服で楽になる事もありますから・・・

DSC_4329-2.jpg

★まっすぐな棒状のものが桂皮(けいひ)、丸みを帯びたツノのようなものが鹿茸(ろくじょう)。
桂皮はニッキ、シナモンと言えばお分かりでしょうか。漢方薬によく使われる代表的な生薬です。
鹿茸はごらんになってわかるでしょうか。コレ、鹿の角です。こんなものも漢方薬として使われます。


私事ですが、今日はこれから春日部まで漢方の勉強会へ出かけてきます。
知れば知るほど奥の深い漢方という世界・・・
この奥深い世界をチョッとずつ、この場で紹介できればなぁと思っています。

テーマ:群馬県から - ジャンル:地域情報

風邪と言っても・・・

さて初めての「お薬って」の記事、まずは身近な風邪薬から・・・

風邪薬と言うとどんなイメージを持たれるでしょうか?
お客様が来店されたときに「普通の風邪薬」と言われたときは
大体は「総合感冒薬」のようですね。
「総合感冒薬」・・・その名の通り「総合」の「感冒薬」。
風邪といわれる症状「鼻水」「のどの痛み」「せき・たん」「発熱」「頭痛」「関節の痛み」といった薬をギュっと混ぜたもの・・・と想像していただいている通りの薬です。
一家に一つやはり無いと不安な物・・・ご自宅の救急箱に一つは必ず入っているのではないでしょうか。
総合の風邪薬、確かに便利です。
緊急の風邪の手当てには充分かもしれません。
でも、段々と風邪が長引いていくとどうでしょうか?

「咳は無いんだけど、熱が下がらなくて・・・」→ん、咳の薬は要らない?熱の薬が少ないなぁ。
「頭は痛くないんだけど、鼻水が止まらなくて・・・」→ん、頭痛の薬は要らない?鼻水の薬がもうチョット欲しいなぁ。

こんなときは「総合感冒薬」では帯に短し襷に・・・と言った感じになってしまいます。
そんなときは薬の切り替えが必要かと思います。

DSC_4322-2.jpg

★生薬(漢方薬の原料)を保存してある百味箪笥です。
百味といいながら棚は104つあったり。(笑)
「う~~ん、薬局のニオイだね!」とよくお客様に言われますが、その香りはこの生薬棚から・・・


それと、よくお客様から「風邪薬を1週間も飲んだんだけど・・・治らなくて!」という言葉をお聞きします。お話をよく聞いていくと、風邪薬をのんで楽になったから無理しちゃって・・・というのはよくある話です。
あくまでも風邪薬は「つらい症状を楽にするためのもの」であって風邪そのものを治してくれるわけではありません。
つらい症状を楽にして、その間に体力が回復することでからだの中の免疫力が高まって風邪が治っていくのです。
せっかく体の抵抗力が高まろうとしているときに無理をしてしまっては元も子もありません。
手元に何も無いときに風邪っぽい症状があったら布団をかぶって寝てしまう・・・というのも一理ある事なんですね。

~ もうちょっとつづきます ~

テーマ:群馬県から - ジャンル:地域情報

自己紹介?お店紹介?

ブログをはじめたばかりということもありますので、ちょっとご紹介を・・・
お店の開局は・・・今年で45周年になります。
父親が初代、自分が二代目。
子供の頃からいい意味でも悪い意味でも「薬」に囲まれて育ってそだってきました。
小さい頃には風邪を引いたと言えば、父親が美味しい薬(?)を作ってくれて飲ませてもらい・・・
こういった「薬」のおかげなのか、病院に行ったりしたという記憶がほとんどありません。

DSC_4695-2.jpg

★漢方薬を取り扱っておりますので、こんな土瓶も販売しています。

気が付けば薬科大学を卒業して薬剤師となり、某大学病院の薬剤部に勤務、イロイロな意味で勉強させていただいて・・・
こちらの店頭に立つようになってから、早いもので9年が経ちました。
三人目の子供も生まれて、自分+ママさん+両親+子供三人が店頭にいることもあります。
ご来店されて運がいいと七人でお出迎え・・・できるかもしれません。(笑)

店頭には必ず薬剤師が居ますが、所要で担当スタッフが不在の場合もあります。
また、相談内容で相談スタッフが「女性の方が良い」「男性の方が良い」などありましたら遠慮なく仰ってください。
ご連絡いただければ、できる限り対応いたしますので、まずは気軽にお電話ください!

テーマ:群馬県から - ジャンル:地域情報

ブログ・・・はじめました!

DSC_4699-2.jpg


はじめまして!群馬県・太田市にある太田薬局、薬局パパのブログです。
以前からホームページを「立ち上げてみよう!」という心意気はあったものの
いざ「どんなホームページにしたらいいの?」と考えていったら、こんな形になりました。
凄くきれいなページを作って、その後更新無し・・・という事になるよりは
こまめに記事を書けるような形がいいかなと思っています。

決して体裁のいいブログではありませんが、
お店の情報、お薬のこと、ちょっと気になったこと等々・・・
思いつくままに書いていこうかと思っています。
何かありましたら、コメント欄もしくはメールフォームからお願いいたします。

テーマ:群馬県から - ジャンル:地域情報

漢方薬のご相談・・・承ります

DSC_4319-2.jpg

漢方薬というと「長く飲まないと効かない」とか「高価な薬」なのではというご相談を
受けることがありますが決してそんなことはありません。
当店では一般的な風邪の症状でも漢方薬を服用していただく場合が多くあります。
この場合は「風邪の症状」に合わせた漢方薬をお選びすることになります。
風邪とひとことで言っても、頭痛に始まり、鼻水、咽頭痛、咳、発熱といった症状や
原因によって選ぶ漢方薬は全て違います。
丁度、体型に合わせて洋服をつくるのと同じように、病状に合わせた漢方薬を
お選びいたしますので「オーダーメイドな薬」と言えるかも知れません。

からだの症状にあわせた漢方薬・・・一度お試しになってみませんか?

漢方薬は煎じ薬からエキス顆粒剤まで取り扱っております。
(エキス顆粒剤は一日あたり250円から、煎じ薬は450円から承っております。)
また、煎じるのが手間と言う方には自動抽出包装機を導入しておりますので
煎じ薬をアルミパックにすることもできます。

皮膚のトラブル、痔の悩み・・・健康相談承ります

DSC_4321-2.jpg

皮膚トラブル、痔の悩み、女性の特有のからだの悩み・・・ご相談下さい。 
薬のことだけでなく体の養生方法なども含めてご説明させていただきます。

健康相談だけでお代を頂くことはありませんので、気軽にご来店下さい!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。