薬局パパの健康日記

群馬県太田市にある太田薬局、二代目・薬局パパがお送りするブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦いお薬・・・

漢方薬の味というと、皆さんどういった味をご想像でしょうか。
まあ・・・あまりいい味をご想像されるかたは少ないと思います。
自分もいろいろな漢方薬を飲んだことがあるので
配合されている生薬を見ると「それなりの味」が想像できたりします。

つい先日、偶然はじめて飲む漢方薬がありました。
自分なりに味を想像すると・・・おそらく飲みにくいだろうなぁ・・・
興味本位で一日分、煎じて飲んでみました。

おそるおそる・・・一口飲むと・・・◎×△◇○!!

まさに衝撃の味。(苦笑)

R0014617.jpg

★何事も経験が大事といいますが・・・良薬口に苦しとはよく言ったものです

いろいろな書物や諸先輩方から教えていただくことの中に
「体がその薬を必要としているときは、その味はむしろおいしく感じる・・・」
という話がよく出てきます。
自分が飲んだこの薬も本当にその薬を必要としているときは「おいしく」感じるというのです。
まあ、「おいしい」とは言わないまでも「まあ飲める」程度なのかもしれません。
自分が衝撃だったこの味が「おいしい」と感じるような体の状態というのを
ちょっぴり体験してみたいようなみたくないような・・・

そんな冗談はさておき。
もし漢方薬をお飲みいただいていて、その「味」が気になるようであったらご相談ください。
ジュースやお酒のようにおいしい漢方薬というのがあるわけではないのですが、
どうしても飲めない、受け付けないという場合は処方を変える必要があるかもしれません。
また体調の変化で「以前と味が違う」ように感じるときもあったりします。
その変化がいい方向へ向かっている場合などもありますので・・・

テーマ:群馬県から - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phota.blog112.fc2.com/tb.php/143-df1becf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。