薬局パパの健康日記

群馬県太田市にある太田薬局、二代目・薬局パパがお送りするブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お水の話・・・

昨日も書きましたが季節の変わり目・・・「土用」
東洋医学的には「脾胃」の働きが強くなって「腎」が損なわれる時期です。
水分の排泄などをつかさどる「腎」の働きが損なわれやすい時期ですから
当然のことながら水分の取りすぎには気をつけなければいけません。
では、水分って一体どの位摂ったらいいのでしょうか?

通常、身体から出て行く水分は以下の通りとされています。

汗 500cc
呼吸 400~600cc
大便、小便 1500cc

これらを合計すると約2500ccになります。
ここから逆算していくと、一日に摂取する水分量は2500ccです。
しかし、500ccは身体の中で「熱」を作るときの副産物としてできるので
まずこの部分を差し引きすると口から摂取する水分量は2000cc。
一般的に一日の食事に含まれる水分量は平均すると約800ccになるので
純粋に「水分」として口から入れる必要があるのは約1200ccになります。

ここまではあくまで理論的な話です。
一日の生活リズムは個人差がありますから、肉体労働でバンバン汗をかく人もいれば
一日中デスクワークという人もいますので、これらの場合を一緒に考えることはできません。
じゃあどうしたらいいの?と思われるかもしれませんが・・・
御高齢な方や病気中の方、特に汗をかきやすい仕事の方などを除けば、
「喉が渇いたら水を飲む」・・・これで良いと自分は思っています。

R0015929.jpg

★春の雨に打たれて「竹の子」が段々と「竹」になりつつあります

「水」のお話はもう少し続けさせてください。

テーマ:群馬県から - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phota.blog112.fc2.com/tb.php/182-b843b7ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。