薬局パパの健康日記

群馬県太田市にある太田薬局、二代目・薬局パパがお送りするブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏場の水分補給 ~お茶は・・・~

昨日の記事はカラーのいちのせさんから大々的にリンクしていただきました、ありがとうございます!

昨日に引き続いて夏場の水分補給についてです。
汗を沢山かいたときなどは水分と一緒に塩分と糖分を補うと良いことは、昨日書いたとおりです。
最近はよく手にすることの多くなったペットボトルの「お茶」や「ウーロン茶」・・・
のどごしがいいこともあって好まれますが、お茶などでは「塩分と糖分」がほとんど無い状態です。
ですから水分補給という点から考えると吸収があまりよくありません。
それとお茶に含まれる「カフェイン」が少々問題になってきます。

R0016704.jpg

★まったく本文とは関係ありません(笑)
 群馬県太田市・・・昨日から雨が降り続いています


R0016702.jpg

★紫陽花にとっては・・・丁度良い水分補給なんでしょうね

お茶の葉や種類によってカフェイン含量が違いますので一概には言えないのですが
お茶だけをガブガブのんでいると知らないうちにかなりのカフェインを取っていたなんてこともあります。

カフェイン含有量 抽出液100ml中
レギュラーコーヒー 40mg 玉露    160mg
ほうじ茶      20mg 番茶     10mg
紅茶        50mg 煎茶     20mg
ウーロン茶     20mg
               「四訂日本食品標準成分表」より抜粋

(茶葉の種類やお茶の入れ方によっても変わってくるため一概には言えませんので、
 あくまでも参考にしてください。)

一日のカフェイン摂取は最大300mg程度とされていますので、玉露などのカフェイン量が多いことが良くわかると思います。
カフェインは「眠気覚まし」ということでも知られていますが、それ以外にも心臓の働きを強めたり、利尿作用があったりします。
汗をかきすぎたりして体内の水分量が減ってしまうと、血管の中を流れている血液の量が減ってしまいます。
また血管の中の血液の量が減っていくと、流れる血液の量が減った分を補おうと心臓は一生懸命働いてしまい、いわば「空打ち状態」になってしまいます。
このようなところに利尿作用や心臓の働きを強めるカフェインが入ってくるとかえって逆効果・・・ということにもなりかねません。

やはりお茶はペットボトルでガブガブと飲むより
湯飲みで温かくしてゆっくり頂く・・・というのが良いのかも知れませんね。

群馬県太田市にある漢方相談薬局 「太田薬局」
http://www.geocities.jp/ph_ota/ 薬局パパ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phota.blog112.fc2.com/tb.php/215-6503549d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。