薬局パパの健康日記

群馬県太田市にある太田薬局、二代目・薬局パパがお送りするブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダチョウ抗体マスク

お客様からお問い合わせを頂きました・・・「ダチョウ抗体マスク」。
ダチョウの卵を利用して低コストで作られた抗体を塗布してあるマスクなのですが、残念ながら当店でも品切れ中です。
インフルエンザや鳥インフルエンザの抗体を効率よく作ってマスクに塗布することで、ウイルスの働きを抑えて感染力を無くしてしまうというマスクです。

ただし・・・お問い合わせの内容にもあったのですが「新型インフルエンザ」に対しての効果があるかどうかはまだわかりません。
というのも、マスコミなどでも取り上げられている「新型インフルエンザ」は現段階ではまだ発生していません。
「鳥インフルエンザ=新型インフルエンザ」と勘違いされている場合がありますが、あくまでも「鳥インフルエンザ」は鳥に対して感染するウイルスで本来は人間に感染するウイルスではありません。
しかし、世界各国で報告されているように偶然人間に感染することがあります。
現段階ではこの「偶然人間に感染しただけ」で済んでいるのですが、感染した人間の体内で「鳥インフルエンザ」が突然変異を起こして「ヒトインフルエンザ」になったものが「新型インフルエンザ」に相当します。
現段階で「存在しないウイルス」なのですから、完璧な予防法というのはありません。
致死率の非常に高いインフルエンザH5N1型のワクチンを作ることはできますが、これが新しくヒトインフルエンザとして変異したときに効果があるかどうかは現段階で答えを出すことはできないのです。
これは現在インフルエンザの薬として使われている「タミフル」「リレンザ」といった薬に関しても同じことが言えます。

R0018432.jpg

あまり大きな声で言わない方がいいのかもしれませんが、実はダチョウ抗体マスクだけではなくて他のフィルター付きマスクも非常に品薄になっています。
「フィルター付きのものでないとインフルエンザは予防できないの?」
「安物マスクでは効果が無いの?」・・・これも良く聞かれる質問なのですが、フィルター付きのものがベストなのでしょうが、無ければ安物であっても使っていたほうが良いです。
これは以前の記事にも書かせていただきましたが、空気感染するとされているインフルエンザも大半がインフルエンザの付着した「ほこり」などを吸い込むことによるものです。
ですからこの「ほこり」を吸い込まないようにするだけでも意味があることなのです。
またマスクをすることで吸い込む空気の湿度が高くなって喉の粘膜が潤いやすくなることも「感染予防」という点では意味があります。
粘膜がしっかり潤っているだけでもウイルスが感染しにくくなりますから・・・

12月22日)一部本文を訂正させていただきました。

群馬県太田市にある漢方相談薬局 「太田薬局」
http://www.geocities.jp/ph_ota/ 薬局パパ

テーマ:群馬県から - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phota.blog112.fc2.com/tb.php/366-c6f2a03c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。