薬局パパの健康日記

群馬県太田市にある太田薬局、二代目・薬局パパがお送りするブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生姜といっても・・・

昨日の記事で生姜ラーメン→薬膳というのは少々無理な展開と反省しています。
念のため、今回の記事でフォローさせていただきたいと・・・(苦笑)

漢方薬でつかう生姜として大きく分けて「生姜(ショウキョウ)」と「乾姜(カンキョウ)」の二種類があります。

IMG_0551.jpg
★こちらが「生姜(ショウキョウ)」
 普通の「ひねしょうが」を干して刻んだものになります
 あまり深い意味はありませんが、写真はマクロプラナーで・・・


IMG_0552.jpg
★こちらは「乾姜(カンキョウ)」
 「ひねしょうが」を熱した灰の中で加熱した後、干して刻んだものです
 二つを見比べていただければわかりますが
 乾姜の方が熱を加えられているので茶色くなっています


生のまま干したものと熱して干したもの・・・何が違うの?と思われるかもしれませんが、東洋医学的は使い方が微妙に異なってきます。
両方とも生姜なので身体を温めるのですが、身体を温める場所が異なっていて「生姜」は身体の表面を、「乾姜」は身体のもっと深いところを温めるとされています。
特に「乾姜」は体の深いところを温めるので、冷えからくる下痢や肺が冷えた場合などによく使われます。
もちろん「生姜」と「乾姜」だけで漢方薬として使うことはありませんので、
何か気になる症状などありましたら気軽にご相談ください。

群馬県太田市にある漢方・健康相談「太田薬局」 
http://www.geocities.jp/ph_ota/ 薬局パパ

テーマ:群馬県から - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phota.blog112.fc2.com/tb.php/401-68ddb841
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。