薬局パパの健康日記

群馬県太田市にある太田薬局、二代目・薬局パパがお送りするブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型インフルエンザ ~現状について~

新型インフルエンザ・・・国内での人から人への感染例が報告されるようになってきました。
メディア等では「感染ルートが不明である」ことが伝えられていて、不安に思っている方も多いかと思います。
これは季節性インフルエンザでもいえることなのですが、インフルエンザに罹ったからといって必ずしも高熱などの症状が出る訳ではありません。
ウイルスに感染しても症状が出ないような状態を「不顕性感染(ふけんせいかんせん)」というのですが、このような状態の人は症状がありませんので自分がインフルエンザに罹っていること自体がわかりません。
現在、海外から入国や帰国をした際に「発熱」という症状でインフルエンザに罹っているかいないかを判断していますが、このような不顕性感染を起こしている人は見つけることが出来ないのです。
ニュース等でも専門家が海外からの感染者流入を抑えようとする水際作戦だけでは「見落とす可能性がある」と言っていますが、不顕性感染していた場合は症状が出ませんので「見落とす」のではなくて感染していたこと自体が「わからない」ということになってしまいます。
ここで何がいいたいのかというと「感染ルートが不明」と言われると心配かもしれませんが、ウイルスの広がり方としてはごく当然なことなのです。
それとここまで書くとお分かりかもしれませんが「誰々が感染していた」から「隔離すれば大丈夫」という訳でもありません。
確かに隔離することで感染していた人が他の人へうつすリスクを減らすことが出来るかもしれませんが、完全に封じ込めることが出来るわけではないのです。

R0019855.jpg
★群馬県太田市・・・昨日の雨はあがって今朝は気持ちのいい青空です

でも決して悲観的になることは無いと思います。
WHOは現段階で新型インフルエンザの死亡率を0.4%と推測しています。
鳥インフルエンザが新型インフルエンザに変異した場合を2%と推測していましたから、それよりもかなり毒性が弱いことになります。
ちなみに季節性インフルエンザの死亡率は0.1%と言われています。
この致死率というのはあくまでも「人口」に対するものではなく「感染した人」を対象とした数値です。
感染するリスクが下がれば、当然ながら全体的なリスクも下がります。
もちろん早期にきちんとした手当をすれば決して恐れることはないと個人的には思っています。
まずはあわてずに的確な情報を得て行動していただきたいと思います。

群馬県太田市にある漢方・健康相談「太田薬局」 
http://www.geocities.jp/ph_ota/ 薬局パパ

テーマ:群馬県から - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phota.blog112.fc2.com/tb.php/487-6637ed96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。