薬局パパの健康日記

群馬県太田市にある太田薬局、二代目・薬局パパがお送りするブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋は肝虚な季節・・・

秋の季節は東洋医学的に「肺」の働きが強くなる季節です。
強くなる部分があれば、これに反して弱くなる部分もあってその弱くなる部分が「肝」にあたります。
「肝」が弱くなるので「肝虚(かんきょ)」と呼びますが、この肝が弱まることで身体の色々な部分にも影響が出てきます。
この肝につながる部位が「筋」(現代医学で言う筋肉)であったり、「眼」であったりします。
秋になるとちょっとした運動で筋肉痛が起こったり、ちょっとした疲れが眼にくるように感じることがあるかと思います。
こういった現象は東洋医学的に考えると季節の流れのなかで起こる病として捉えることが出来ます。

R0020672.jpg

肝虚の時に良く使われる処方として「小建中湯」があります
本来は煎じ薬でお飲みいただきたいのですが、煎じるのが手間で・・・という場合にはこちらの「小建中湯飴」をオススメしています

R0020675.jpg

小建中湯には「膠飴(こうい)」といって麦芽で作った飴をつかうのですが、この飴に煎じたエキスを練りこんでしまったのがこちらの「小建中湯飴」です。
まあここでこんなことを書くのもなんなのですが、実はこの「小建中湯飴」に今朝からお世話になっています。(苦笑)
先日の早朝親子清掃に行ってきてからどうも腰の辺りが重苦しかったんですね。
スコップもって側溝の泥カキをしたのでそれが原因だとは思うのですが、なんとも気になっていたんです。
↑でも書いたように「肝虚」と「筋の疲れ」が重なったこともあって、この小建中湯飴がピッタリでした。
こういうときの漢方薬の効き目というのは、ちょっと感動するものがあります。

この小建中湯は、他にもいろいろな使い方をするので・・・そこらへんはまたの機会に。

群馬県太田市にある漢方・健康相談「太田薬局」 
http://www.geocities.jp/ph_ota/ 薬局パパ

テーマ:群馬県から - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phota.blog112.fc2.com/tb.php/568-97d0b2f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。