薬局パパの健康日記

群馬県太田市にある太田薬局、二代目・薬局パパがお送りするブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザに麻黄湯?

このところお客様から「麻黄湯(まおうとう)ありますか?」と聞かれることがあります。
インフルエンザに効く漢方薬としてメディアなどでも取り上げられていて、店頭で聞かれることも多くなってきたのですが、残念ながら詳しい服用方法などまでは説明されていないようで・・・

インフルエンザに麻黄湯を使うことは良くあります。
麻黄湯を使うときの症状としてあげられる「頭痛、発熱、体の痛み、寒気、汗が出ない」という状態がインフルエンザに罹ったときの症状とほぼ当てはまるからです。
逆に言うならばこれらの症状が当てはまらないようなときは、たとえインフルエンザに罹ったとしても漢方薬として麻黄湯は使いません。
特に「寒気、汗が出ない」という状態は麻黄湯には必ずといっていいほど関係のある症状で、「暑がっているような時」や「汗がダラダラと出ている時」に使うとかえって症状を悪化させてしまいます。

R0020968.jpg
★こちらは麻黄湯の主薬になる麻黄・・・
 麻黄湯(まおうとう)は麻黄、桂枝、甘草、杏仁の四つの生薬で出来ている漢方薬です

 
漢方薬の原理を話し出すと難しいのですが、簡単に言うと麻黄湯は体の中にこもった熱を汗として発散させてあげる働きがあります。
インフルエンザなどで熱があって汗が出ない状態に使うのであればいいのですが、そうでないような状態のときに使うと余計に汗をかかせてしまい体力を消耗させてしまうことになります。
このようなお薬ですから元々体力の無い方やご高齢な方がお使いいただくときは一層の注意が必要です。
また服用する期間も、服用して汗をかいて少しさっぱりするような感じがあったらその時点で様子をみるようにします。
何が何でも1日3回服用しなければいけないという薬ではありません。

それと「漢方薬だから副作用は無い」という安心感からなのか、インフルエンザ予防に麻黄湯を使いたいという方がいらっしゃいました。
これも上に書いたようなことを考えていただければ自ずと答えはわかっていただけると思います。

群馬県太田市にある漢方相談薬局 「太田薬局」
http://www.geocities.jp/ph_ota/ 薬局パパ

テーマ:群馬県から - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phota.blog112.fc2.com/tb.php/585-723b7f5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。