薬局パパの健康日記

群馬県太田市にある太田薬局、二代目・薬局パパがお送りするブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湿潤療法 ~試行錯誤~

傷に対する湿潤療法(傷を乾燥させずに治療させる方法)を試しています。
運よくやんちゃ盛りな子供が三人もいますので、転んで擦り傷・・・なんていうのは日常茶飯事。
子供たちに実験台になってもらっています。(笑)

R0023224_1.jpg
★次男坊なのですが、虫に刺されたのか手のこの位置に2cmほどの水ぶくれが出来てしまいました
 水ぶくれになった部分がやぶけてしまったのでここから湿潤療法を行います


R0023225_1.jpg
★湿潤療法・・・とはいってもここでは水で洗ってキズパワーパッドを貼っただけです
 湿潤療法の原則「傷を乾燥させない」という目的が達成できれば食品用のラップなどでもかまわないのですが、
 実際に子供たちに使ってみると動きが激しくてラップが固定できないことがあったり・・・
 傷の大きさなどによって被覆剤を選んでみてもいいのかもしれません


R0023226_1.jpg
★キズパワーパッドの説明書には貼るだけでOKと書いてありますが、水などに触れるとはがれやすくなってしまうので、上からかるくテープで止めてあげました

この状態で一日一回お風呂に入るときにパッドを交換するようにしました。
説明書には貼ったままで2~3日は大丈夫と書いてあるのですが、浸出液が多すぎるような場合はかえって炎症を起こしやすくなってしまうようなケースがあったので一日一回交換することを店頭でもお勧めしています。

R0023251.jpg
★こちらが一週間後です
 ちょっと写真ではわかりにくいのですが、パッドを剥がした状態で傷の部分は乾燥していません
 徐々に新しい皮膚が出来てきているのがわかります


ここまでの一週間でパッドは毎日交換していました。
この時点で新しい皮膚が出来てきているような状態になったので、普通の絆創膏に交換して様子を見ます。
大人ならば何も使わなくて良いのですが、なんせ2歳の子供なので・・・
新しい皮膚を保護するという意味で絆創膏を使っています。

R0023336.jpg
★さらに一週間後がこちらになります
 傷の部分の境目がわかるでしょうか
 新しい皮膚もしっかりしてきたのでこれで完治です


特にお子さんの場合は普通に乾燥させて治療させていると、カサブタ→気になって剥がすの繰り返しになってしまうことがよくあるんですよね。
(湿潤療法を推奨する夏井睦先生に言わせると「カサブタ=傷のミイラ化」なんだそうです)
治りが早いこともありますが、傷跡が残りにくいというのも湿潤療法の特徴かもしれません。
ただし、やはり傷の状態や場所によって気をつけなければいけないことなどもあるので、詳しくは店頭にてお尋ねください。

群馬県太田市にある漢方・健康相談「太田薬局」 
http://www.geocities.jp/ph_ota/ 薬局パパ

テーマ:群馬県から - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phota.blog112.fc2.com/tb.php/759-91d7f673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。