薬局パパの健康日記

群馬県太田市にある太田薬局、二代目・薬局パパがお送りするブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大切なこと・・・

店頭ではお客様の「色々な症状」を聞きながら、その原因を考えています。
もちろん表面的に見えている「症状」は大切な要素なのですが、
その裏に隠れている「原因」を探すことが東洋医学的な治療には欠かせません。

101024125232.jpg

日頃、店頭でお話を聞かせていただくにあたって、常に心がけている古典の条文があります。



「婦人の病、虚するにより、冷え積もり気結ぼれて諸の経水断絶をなす。
歴年血寒あるに至れば、癪は胞門に結び、寒は経絡をやぶる。
凝堅上にあれば嘔吐涎唾し、久しければ肺ヨウをなし、形体損分す。
中に盤結あれば、臍をめぐりて寒疝し、あるいは両脇疼痛し、臓と相連なり、
あるいは熱中に結び、痛み関元に在り、脈数瘡無く、肌魚鱗のごとく時に男子にも現る・・・」

<解釈>
婦人の病は、体の虚(疲れや不養生、病気など)が原因で「冷え」が積み重なり、
気のめぐりが悪くなりそのために色々な生理不順を引き起こしてしまう。
「冷え」が長い間続いていると、血のめぐりが悪くなって出来たしこりが胞門につき、
長い間の冷えが経脈や絡脈を傷める。
その血のめぐりの悪くなってできたしこりが体の上部にあると嘔吐や涎や唾を生じ、
それが長い間続くと肺ヨウ(内熱のために体が痩せ疲れる病)になる。
血のめぐりが悪いところが中ほどにあると、臍の周りが寒疝(冷えのために痛む)して
両脇がうずいて痛み中の臓と相連なるようになったり、熱がなかに結ぼれると痛みが関元(臍の下)に生じ
脈は早いがキズは無く肌はざらざらになる、時には男子にも現れる・・・



この条文は女性の病は歴年の「冷え」が原因になることがあると書かれています。
冷えが原因で生理不順になり、その影響で体の弱い部分に病が現れてくる・・・
その冷えを生じている原因は「体の虚」と書かれています。
睡眠不足や不規則な生活リズム、食生活の乱れ、仕事や私生活でのストレス、体の疲れ等はこの「体の虚=冷え」へとつながってきます。
わかりやすい例を挙げるならば、女性で急激なダイエットを行うと生理が止まってしまうことが良くあります。
これは極端な食事制限によって「体の虚=冷え」が生じてしまい、生理に影響してくる例といえるでしょう。
無理なダイエットをした状態で「生理不順」を訴えられる・・・これは当たり前の事です。
このような「無理なダイエット」というわかりやすい原因があればいいのですが、これが普段の生活で何気なくやっているような事だとわかりにくくなってしまいます。
店頭で常に色々とお話をさせていただいているのは、この原因探しのお手伝いが出来れば・・・そんな風に思っています。

群馬県太田市にある漢方相談薬局 「太田薬局」
http://www.geocities.jp/ph_ota/ 薬局パパ

テーマ:群馬県から - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phota.blog112.fc2.com/tb.php/831-4c49b208
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。